トレチノインでシミ消してみる?

トレチノインが効きづらいシミとは

 年齢を重ねると、色々な肌トラブルが出てきます。
特に肌の悩みとして多いのは、シミのようです。
一度出来てしまうと、美白の化粧品を使ったとしても、なかなか消えてくれない所は嫌な点です。
また、化粧で隠したくても近くで見ればシミがあることがわかってしまうので、深刻な悩みとなってしまいます。
肌全般の若返り治療として、トレチノインを使う人も多いです。
トレチノインは、ターンオーバーを早めてくれる効果が高いので、薄いシミや毛穴の黒ずみなどを使い続ける程に取り除いてくれます。
しかし、肝斑のような大きなシミや真皮の深くまでしみが広がっている場合には、トレチノインを使っても消えてくれないこともあります。
また、トレチノインは美容皮膚科で医師の判断に基づいて、使用した方が安全です。
ターンオーバーを早めることは良いことばかりではありません。
表皮の生まれ変わりを早めてくれますが、皮がめくれたり肌が赤くなったりします。
使用している人にとっても、使いながら本当に大丈夫だろうか、と疑いたくなる時期もあるのです。
医師の指示に従って使う方が確実に安全です。
最近は通販などでも、アメリカからお取り寄せすることも出来ますが、自己流で使用してしまうと、肌に傷が出来てしまうなどリスクも伴いますので、なるべく美容皮膚科で治療した方が良いです。
また、肝斑のようになってしまったシミは、トレチノインでは時間がかかったり、あまり改善が見られないことが多いので、レーザー治療にした方が効果は高くなります。
レーザー治療は、表皮を剥がすので、すぐにシミが消えてくれますが、ダウンタイムが長く1週間以上は外出を控えることをお勧めします。
紫外線にはなるべく当たらないように気を付けましょう。