トレチノインでシミ消してみる?

トレチノインとマカの美肌成分とプレドニゾロン

トレチノインは皮膚科などの医療機関で、肌の治療のために処方されます。医療機関での処方薬は、効果がそれぞれに異なるため、使用上の注意をよく読んで、肌に合った薬を使うことです。

トレチノインには、肌のターンオーバーを促したり、古くなった角質を除去する作用もあります。角化細胞という角質のもとを作って、表皮を押し上げていきますから、同時にメラニンの細胞も押し上げられます。その仕組みからも、トレチノインは、シミを無くしていくためにも役立ちます。角質の入れ替わりは、通常の28日よりももっとはやく、2週間くらいで肌サイクルで入れ替わります。

ただ気をつけないと、効果が強くて肌が向けすぎたり、ほかの部位が赤くなったりするケースもあります。使用上の注意は、十分に守る必要があります。肌が赤くなったり、皮がむけたりしたら、自己判断で薬をつけたりしないで、医師に肌の状態を診察してもらいましょう。

プレドニゾロンは、炎症を抑えるために使われる医薬品です。非常に強力な薬であり、効果もありますが、副作用も考えられます。プレドニゾロンは、長期間の使用屋、大量に使うのには向いていません。トレチノインの使用で肌に赤みが出たからといって、自己判断で家にあったプレドニゾロンを、たくさん塗ったりはしないようにしましょう。

美肌を目指しているのであれば、マカの成分もサポートになります。マカは肌トラブルを予防したり、美肌効果や若返りなど、アンチエイジング効果も期待ができるものです。植物性エストロゲンを含むマカですから、摂取することで、体内のエストロゲン作用が高まって、肌にも美肌効果を感じるようになります。また、乾燥やニキビなどの予防にもなります。