トレチノインでシミ消してみる?

甲状腺異常のシミにトレチノインやTRANSINO

シミの症状は性別に関係なくあらわれるものですが、特に女性の30代、40代で見られるのが肝斑と呼ばれるシミです。肝斑の原因ははっきりと分かっていませんが、年齢的に女性ホルモンのバランスが関係するといわれています。女性ホルモンは甲状腺の異常が関係しているケースもあります。甲状腺がんなどは女性がかかりやすい病気で、がんでなくても甲状腺の働きが弱まると、不妊や流産を誘発する恐れも怖いところです。
肝斑治療には、普通のシミ治療に使われる医療用レーザーでは、逆効果になる心配があることから、トレチノインという外用薬の美白成分が有効です。トレチノインはビタミンA誘導体であり、皮膚のターンオーバーを促進し、シミの元であるメラニンを排出する力を持っています。トレチノインには副作用があり、皮膚がぽろぽろととれる、赤くなったり痒みが出るなどします。強い成分ですので、皮膚科で処方されるのが一般的です。
トレチノインと合わせて肝斑治療でよく知られているのが、トラネキサム酸やハイドロキノン、ビタミンCなどです。トラネキサム酸やハイドロキノンは、肝斑治療ではとても有名です。
このトラネキサム酸やハイドロキノンが使われる、市販薬が存在します。国内ではTRANSINOがよく知られています。肝斑治療専用のTRANSINOは、錠剤タイプの医薬品で、15歳以上の人が服用できます。1回の量は2錠、1日に2回食後に服用します。
肝斑ではなく、通常の紫外線などが原因のシミやソバカスに対しては、別のTRANSINOシリーズが使われます。ビタミンCが1000mgも配合されており、肌のターンオーバーを促して、メラニンを排出する効果があります。