トレチノインでシミ消してみる?

肝斑にトレチノイン使用でピンクなどの赤みは正常反応

普通のシミとは違って両頬などが広く黒ずんでしまう肝斑、中年期からの女性に多く悩んでいる人はたくさんいます。
その効果的な対策としてトレチノインとハイドロキノンの使用が挙げられます、トレチノインで肌のターンオーバーを加速させて黒ずみとなっている色素を早く排出させると同時にハイドロキノンで色を薄くするという方法です、これはよく使われる方法で大変効果的です。
ただし、それらを塗ってすぐに消えるわけではありません、肌のターンオーバーの早さなどによりますが数週間を要します。
また、トレチノインを使った部分には軽い炎症反応が出ます、その部分はピンクのような赤みが出てヒリヒリとした刺激を感じ、早まったターンオーバーのせいで皮が剥けるでしょう、不安に思うかもしれませんがこのピンクもヒリヒリ感もトレチノイン使用の際の正常な反応なので心配は要りません、刺激があまりにも強いようなら数日空けてまた再開しましょう。
ピンクの部分は紫外線の影響を受けやすくなっているので外出時はサンスクリーン剤を厚めに塗るなど普段以上の紫外線対策が必要になります。
肝斑の対策としてはトラネキサム酸の内服も大変有効なので可能であれば併用したほうが効果は更に上がります、トラネキサム酸を含む肝斑対策の医薬品(第1類医薬品)はドラッグストアなどで販売されています、通販でも購入可能ですが販売店からのメールや電話による使用に関して確認の質問があります、トラネキサム酸にも副作用はありますので不明な点は薬剤師に確認し充分納得した上で使用しましょう。
以前は難しかった肝斑対策も今では家庭で行えるようになりました、結果を急がず、じっくりと確実に薄くしたいものです。